keywords:漢方薬 漢方薬局 漢方専門 漢方専門薬局 漢方薬専門 漢方薬専門薬局 漢方薬 大山漢方堂薬局

漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432 TEL: 0283-22-1574
E-mail to ohyama@poem.ocn.ne.jp

特集:不安から心を守る漢方薬、 不安(鼻全般性不安障害、パニック障害など)




注意:上記、漢方薬を、14日~28日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



注意:上記、漢方薬を、14日~28日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



注意:上記、漢方薬を、20日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



漢方を現代病に活かす! 漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432番地
TEL:0283-22-1574 Fax:0283-22-1607



  

平素より、大山漢方堂薬局 Web-Page を、ご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
さて、大山漢方堂薬局のプロバイダであるNTTコミュニケーションズ(NTT Com)が、
2015年2月28日をもちまして、OCNホームページサービス(Page ON)を終了致します。
これに伴い、大山漢方堂薬局では、2015年3月1日より、GMOクラウド社レンタルサーバー
「iCLUSTA+アイクラスタプラス」に、移行する運びとなりました。

新しい、大山漢方堂薬局ホームページのURLは、

http://ohyama-kampo.server-shared.com/dotenwa.htm

になります。

お客様方には、大変ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんが、
何卒、ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
今後とも、大山漢方堂薬局 WEB-Page を、よろしくお願い致します。

大山漢方堂薬局スタッフ一同



「やっぱり、漢方薬は、厳選された生薬を、症状、体質に合わせて、専門家に調合していただき、煎じて飲むのが一番ですね。」

「 知識と経験豊富な漢方専門 大山漢方堂薬局に、一度お電話ください!」

0283-22-1574
(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)

 

大山漢方堂薬局、大山鍼灸院

(東洋医学、漢方薬、鍼灸、臨床心理学)

健康相談お申し込みフォーム

  

漢方を現代病に活かす! 漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432番地
TEL:0283-22-1574 Fax:0283-22-1607



ジージー、キーンで困った耳鳴治療の漢方薬
 耳鳴りに悩む方が増えています。「患者数は中高年中心に1千万人」などの話もあり、それが正しいならば驚くべき人数です。近年、ストレスを原因とする若年層の耳鳴(金属音、突発性難聴)も増えています。

耳鳴


セミの鳴声様音(小)
金属音(大)
※人により、音の例えは異なります。

耳鳴を歌える患者のほとんどは、熱症状(虚熱・実熱)を呈します。
※基本対応薬(右頁記載)を治療の柱に、清熱薬(山梔子・黄連など)を補助的に加えて、治癒を早めます。清熱薬の使用量は、耳鳴が強ければ多く、弱ければ少なくします。

 4年ほど前まで、お客様kら問い合わせ窓口の責任者をしていました。季節の変わり目には、耳鳴製品の電話問い合わせを多くいただき、分かったのは「耳鳴りは40歳以上の方に多い事(耳鳴問い合わせ者の90%以上)」「耳鳴り音は、セミの鳴声様が多い事(同95%以上)」です。電話は女性7割・男性3割の比率で、これは女性の健康意識の高さを、主新家計を預かっていることを反映したものでしょう。相当数混じるはずの、ストレス起因の「金属音(大音量)の耳鳴り」は、あまり問い合わせがありませんでした。これは患者数が少ないからでなく、このタイプに若年層も多いため、漢方以外の方法で対応したからだと思います(医師に、サプリメントに)。
 発症すると、多くはまず耳鼻科に足を運びます。ある女性は、「耳鳴りは治らないと医師で言われた」と電話口で泣いておられました。お伝えする言葉には、注意を払わねばなりません。「耳鳴りの治療法、漢方では伝えられています。あきらめず、一緒に治療しましょう。」などと、温かくご対応ください。
 耳鳴り治療は、難しいと言われます。それは患者の心に目吹く「あきらめ」が、継続治療を拒むからなのかも知れません。「金属音の耳鳴り」は服薬すれば早く治まるもの、「セミの鳴声様の耳鳴」は腰を据えた治療(まずは1から2カ月間を目途に)が必要です。

腎精虚損
「セミの鳴声様」の比較的小さいが不快な耳鳴り
・耳を押さえると、耳鳴り音が弱まる
・機能低下を感じる(疲労、加齢)
・熱感があり、夕刻から夜間に耳鳴り悪化
【病因】年長者の耳鳴りは、これが多いもの。疲労や加齢(女性35歳から、男性40歳から)で起こる腎虚が原因です。病が悪化すれば、耳鳴り音が大きくなります。
【対応薬】ジメイ丸 地黄主配合の六味丸に、磁石・柴胡を加えた「セミの鳴声様の耳鳴」の基本対応薬です。
※治療当初から、ジメイ丸(主剤)に、黄連解毒湯(補助剤)など清熱剤を併用するとより良いものです。

上述の耳鳴りに加え
・耳が詰まる、胸が詰まる(胸悶)
・熱感強い
・身体も頭も、重く感じる
・(イライラ・のぼせ、めまい)
【病因】美食や飲酒習慣から消化不良となり、痰が生じ次第に熱を帯びる事から耳鳴りが起きます。
胃腸虚弱からも痰が生じ、耳鳴りが起きます。梅雨時など外部環境の湿気を受け、発症することもあります。
【対応薬】竹筎疏肝湯(散)漢方の抗ストレス薬です。
※柴胡疏肝湯には、「耳鳴り」の製品効能はありません。販売の際には、十分ご説明ください。


煎薬で治療する場合、上述3タイプの基本対応薬とともに、サンシン(山梔子)・オウレン(黄連)などの清熱薬を本来は加味します。しかし薬事法の規制もあり、エキス剤の2剤併用などが現在最も良い方法と思います。清熱剤は黄連解毒湯・三黄瀉心湯(便秘時)などを適宜・適量、基本治療薬に添えて用いてください。

「貧血性の耳鳴り」の製品効能について
「貧血性の耳鳴り」と書かれていますが、貧血でないと使用できないわけではありません。漢方的理解で、血虚が悪化し陰虚へと至った「セミの鳴声様の耳鳴によく効く」という意味です。血虚を、貧血性と言い換えています。

「白湯(温湯)又は、食塩を入れた温湯で服用」の用法について
ジメイ丸には、処方の核として六味丸(六味地黄丸)が含まれています。これはお子さんの発育不良や、成人(男性40歳以上、女性35歳以上)の機能低下に用いる、生命力を支える腎に作用する薬です。薬効を早く腎に届け類は、塩味(〇)を添えると良いとされます。(白湯でもかまいませんが)ごく薄い塩水での服用が良いものです。

「1回服用量9丸・朝晩の1日2回服用」の用法・用量について
 「一回服用量が多すぎて服用が難しい」とお叱りをいただくことがあります。「1回6丸を、朝昼晩の1日3回服用」などの方法も考えられます。より用いやすい方向性にて、患者様をご指導ください。


耳鳴り良薬・ジメイ丸
 ジメイ丸は、生薬・地黄を主剤として六味丸(六味地黄丸)に、磁石と柴胡を加味した生薬製剤です。「耳鳴り」の製品効能を持ち、「生実の鳴声様の耳鳴」を治療します。中国製品では「耳鳴り丸」と漢字表記されるもの、中国葯典収載の耳聾左滋丸です(配合量は異なります)。

希望小売価格 4,500円(税別)