特集:不安から心を守る漢方薬、 不安(鼻全般性不安障害、パニック障害など)




注意:上記、漢方薬を、14日~28日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



注意:上記、漢方薬を、14日~28日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



注意:上記、漢方薬を、20日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



漢方を現代病に活かす! 漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432番地
TEL:0283-22-1574 Fax:0283-22-1607



  

平素より、大山漢方堂薬局 Web-Page を、ご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
さて、大山漢方堂薬局のプロバイダであるNTTコミュニケーションズ(NTT Com)が、
2015年2月28日をもちまして、OCNホームページサービス(Page ON)を終了致します。
これに伴い、大山漢方堂薬局では、2015年3月1日より、GMOクラウド社レンタルサーバー
「iCLUSTA+アイクラスタプラス」に、移行する運びとなりました。

新しい、大山漢方堂薬局ホームページのURLは、

http://ohyama-kampo.server-shared.com/dotenwa.htm

になります。

お客様方には、大変ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんが、
何卒、ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
今後とも、大山漢方堂薬局 WEB-Page を、よろしくお願い致します。

大山漢方堂薬局スタッフ一同



「やっぱり、漢方薬は、厳選された生薬を、症状、体質に合わせて、専門家に調合していただき、煎じて飲むのが一番ですね。」

「 知識と経験豊富な漢方専門 大山漢方堂薬局に、一度お電話ください!」

0283-22-1574
(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)


大山漢方堂薬局、大山鍼灸院

(東洋医学、漢方薬、鍼灸、臨床心理学)

健康相談お申し込みフォーム

  

漢方を現代病に活かす! 漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432番地
TEL:0283-22-1574 Fax:0283-22-1607



ジージー、キーンで困った耳鳴治療の漢方薬
 耳鳴りに悩む方が増えています。「患者数は中高年中心に1千万人」などの話もあり、それが正しいならば驚くべき人数です。近年、ストレスを原因とする若年層の耳鳴(金属音、突発性難聴)も増えています。

耳鳴


セミの鳴声様音(小)
金属音(大)
※人により、音の例えは異なります。

耳鳴を歌える患者のほとんどは、熱症状(虚熱・実熱)を呈します。
※基本対応薬(右頁記載)を治療の柱に、清熱薬(山梔子・黄連など)を補助的に加えて、治癒を早めます。清熱薬の使用量は、耳鳴が強ければ多く、弱ければ少なくします。

 4年ほど前まで、お客様kら問い合わせ窓口の責任者をしていました。季節の変わり目には、耳鳴製品の電話問い合わせを多くいただき、分かったのは「耳鳴りは40歳以上の方に多い事(耳鳴問い合わせ者の90%以上)」「耳鳴り音は、セミの鳴声様が多い事(同95%以上)」です。電話は女性7割・男性3割の比率で、これは女性の健康意識の高さを、主新家計を預かっていることを反映したものでしょう。相当数混じるはずの、ストレス起因の「金属音(大音量)の耳鳴り」は、あまり問い合わせがありませんでした。これは患者数が少ないからでなく、このタイプに若年層も多いため、漢方以外の方法で対応したからだと思います(医師に、サプリメントに)。
 発症すると、多くはまず耳鼻科に足を運びます。ある女性は、「耳鳴りは治らないと医師で言われた」と電話口で泣いておられました。お伝えする言葉には、注意を払わねばなりません。「耳鳴りの治療法、漢方では伝えられています。あきらめず、一緒に治療しましょう。」などと、温かくご対応ください。
 耳鳴り治療は、難しいと言われます。それは患者の心に目吹く「あきらめ」が、継続治療を拒むからなのかも知れません。「金属音の耳鳴り」は服薬すれば早く治まるもの、「セミの鳴声様の耳鳴」は腰を据えた治療(まずは1から2カ月間を目途に)が必要です。

腎精虚損
「セミの鳴声様」の比較的小さいが不快な耳鳴り
・耳を押さえると、耳鳴り音が弱まる
・機能低下を感じる(疲労、加齢)
・熱感があり、夕刻から夜間に耳鳴り悪化
【病因】年長者の耳鳴りは、これが多いもの。疲労や加齢(女性35歳から、男性40歳から)で起こる腎虚が原因です。病が悪化すれば、耳鳴り音が大きくなります。
【対応薬】ジメイ丸 地黄主配合の六味丸に、磁石・柴胡を加えた「セミの鳴声様の耳鳴」の基本対応薬です。
※治療当初から、ジメイ丸(主剤)に、黄連解毒湯(補助剤)など清熱剤を併用するとより良いものです。

上述の耳鳴りに加え
・耳が詰まる、胸が詰まる(胸悶)
・熱感強い
・身体も頭も、重く感じる
・(イライラ・のぼせ、めまい)
【病因】美食や飲酒習慣から消化不良となり、痰が生じ次第に熱を帯びる事から耳鳴りが起きます。
胃腸虚弱からも痰が生じ、耳鳴りが起きます。梅雨時など外部環境の湿気を受け、発症することもあります。
【対応薬】竹筎疏肝湯(散)漢方の抗ストレス薬です。
※柴胡疏肝湯には、「耳鳴り」の製品効能はありません。販売の際には、十分ご説明ください。


煎薬で治療する場合、上述3タイプの基本対応薬とともに、サンシン(山梔子)・オウレン(黄連)などの清熱薬を本来は加味します。しかし薬事法の規制もあり、エキス剤の2剤併用などが現在最も良い方法と思います。清熱剤は黄連解毒湯・三黄瀉心湯(便秘時)などを適宜・適量、基本治療薬に添えて用いてください。

「貧血性の耳鳴り」の製品効能について
「貧血性の耳鳴り」と書かれていますが、貧血でないと使用できないわけではありません。漢方的理解で、血虚が悪化し陰虚へと至った「セミの鳴声様の耳鳴によく効く」という意味です。血虚を、貧血性と言い換えています。

「白湯(温湯)又は、食塩を入れた温湯で服用」の用法について
ジメイ丸には、処方の核として六味丸(六味地黄丸)が含まれています。これはお子さんの発育不良や、成人(男性40歳以上、女性35歳以上)の機能低下に用いる、生命力を支える腎に作用する薬です。薬効を早く腎に届け類は、塩味(〇)を添えると良いとされます。(白湯でもかまいませんが)ごく薄い塩水での服用が良いものです。

「1回服用量9丸・朝晩の1日2回服用」の用法・用量について
 「一回服用量が多すぎて服用が難しい」とお叱りをいただくことがあります。「1回6丸を、朝昼晩の1日3回服用」などの方法も考えられます。より用いやすい方向性にて、患者様をご指導ください。


耳鳴り良薬・ジメイ丸
 ジメイ丸は、生薬・地黄を主剤として六味丸(六味地黄丸)に、磁石と柴胡を加味した生薬製剤です。「耳鳴り」の製品効能を持ち、「生実の鳴声様の耳鳴」を治療します。中国製品では「耳鳴り丸」と漢字表記されるもの、中国葯典収載の耳聾左滋丸です(配合量は異なります)。

希望小売価格 4,500円(税別) 

目薬?長寿の薬?利尿薬?
なんの薬?飲む目薬?
杞菊地黄丸
 目に働く薬で一般的なのは、眼球に液剤滴下する点眼薬です。スマートフォン使用で目の負担がより大きくなったためか、多種の目薬が販売されています。しかし、服用(内服)して目の不調を治す漢方薬もあるのです。杞菊地黄丸は、「飲む目薬」として知られます。

マツウラ杞菊地黄丸
 腎を守る六味丸(六味地黄丸)に、肝を守る2つの生薬(枸杞子・菊花)を加えました。肝は「視力を支える」大切な臓、杞菊地黄丸は視力を守る医薬品です。年単位の長期服用も可能です。
〔効能・効果〕体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇があるものの次の諸症:
かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下
〔用法・用量〕大人1回8丸を1日3回、食前又は食間に水又はお湯で服用
〔希望小売価格〕360丸(15日分)3,800円(税別)
          720丸(30日分)7,000円(税別)

視力不調には
 体調不良で困ったら、漢方知識の「どんな状態なのか、(機能低下の)どの段階にあるか」を考えます。これが、漢方診断です。目の不調は「肝の機能低下」から起き、「疲れ目・かすみ目・ドライアイ(かわき目)」の不快症状になります。同時に「肌つやがない(かわき)」「筋けいれ(こむら返り)」「爪の不調」の幾つかを自覚し、女性は「生理周期の延長(~無月経)を訴えます。これは血虚と呼ばれる血流悪化の初期状況。
生薬・トウキ(当帰)を含む漢方薬、四物湯(乾燥傾向)や当帰芍薬散(浮腫警告)で治療します。これが、目の不調への基本対応です。
 目の不調での基本対応薬は、杞菊地黄丸ではありません。しかし目の不調は、年を経れば代多数の方が感じます。(女性35歳から、男性40歳から)。「老化」と言っても良いものでしょう。加齢による視力低下・老眼に気づけば、その事実に愕然とします。これは前述の「血虚(肝血虚)」を起点に、次段階の



ジージー、キーンで困った耳鳴治療の漢方薬
 耳鳴りに悩む方が増えています。
「患者数は中高年中心に1千万人」などの話もあり、それが正しいならば驚くべき人数です。
近年、ストレスを原因とする若年層の耳鳴(金属音、突発性難聴)も増えています。

耳鳴


セミの鳴声様音(小)
金属音(大)
※人により、音の例えは異なります。

耳鳴を歌える患者のほとんどは、熱症状(虚熱・実熱)を呈します。
※基本対応薬(右頁記載)を治療の柱に、清熱薬(山梔子・黄連など)を補助的に加えて、
治癒を早めます。清熱薬の使用量は、耳鳴が強ければ多く、弱ければ少なくします。

 4年ほど前まで、お客様kら問い合わせ窓口の責任者をしていました。
季節の変わり目には、耳鳴製品の電話問い合わせを多くいただき、分かったのは「耳鳴りは40歳以上の方に多い事
(耳鳴問い合わせ者の90%以上)」「耳鳴り音は、セミの鳴声様が多い事(同95%以上)」です。
電話は女性7割・男性3割の比率で、これは女性の健康意識の高さを、主新家計を預かっていることを反映したものでしょう。
相当数混じるはずの、ストレス起因の「金属音(大音量)の耳鳴り」は、あまり問い合わせがありませんでした。
これは患者数が少ないからでなく、このタイプに若年層も多いため、
漢方以外の方法で対応したからだと思います(医師に、サプリメントに)。
 発症すると、多くはまず耳鼻科に足を運びます。
ある女性は、「耳鳴りは治らないと医師で言われた」と電話口で泣いておられました。
お伝えする言葉には、注意を払わねばなりません。
「耳鳴りの治療法、漢方では伝えられています。
あきらめず、一緒に治療しましょう。」などと、温かくご対応ください。
 耳鳴り治療は、難しいと言われます。
それは患者の心に目吹く「あきらめ」が、継続治療を拒むからなのかも知れません。
「金属音の耳鳴り」は服薬すれば早く治まるもの、
「セミの鳴声様の耳鳴」は腰を据えた治療(まずは1から2カ月間を目途に)が必要です。

腎精虚損
「セミの鳴声様」の比較的小さいが不快な耳鳴り
・耳を押さえると、耳鳴り音が弱まる
・機能低下を感じる(疲労、加齢)
・熱感があり、夕刻から夜間に耳鳴り悪化
【病因】年長者の耳鳴りは、これが多いもの。
疲労や加齢(女性35歳から、男性40歳から)で起こる腎虚が原因です。
病が悪化すれば、耳鳴り音が大きくなります。
【対応薬】 ジメイ丸 地黄主配合の六味丸に、
磁石・柴胡を加えた「セミの鳴声様の耳鳴」の基本対応薬です。
※治療当初から、ジメイ丸(主剤)に、
黄連解毒湯(補助剤)など清熱剤を併用するとより良いものです。


痰火鬱結
上述の耳鳴りに加え
・耳が詰まる、胸が詰まる(胸悶)
・熱感強い
・身体も頭も、重く感じる
・(イライラ・のぼせ、めまい)
【病因】美食や飲酒習慣から消化不良となり、
痰が生じ次第に熱を帯びる事から耳鳴りが起きます。
胃腸虚弱からも痰が生じ、耳鳴りが起きます。
梅雨時など外部環境の湿気を受け、発症することもあります。
【対応薬】竹筎温胆湯(黄連温胆湯)熱痰を除去する温胆湯に、
清熱の柴胡・黄連などを加味しています。
※ネット通販で多く扱われる苓桂朮甘湯(目まい・耳鳴りの製品効能もあり)も、
湿を除去する漢方薬です。
しかし温性であるため、ここでは用いる事ができません。


肝火上擾
「金属音」の大音響耳鳴り、突発性難聴も
・ストレスが強く、イライラしがち
・耳を押さえても、耳鳴り音が弱まらない
・熱感強く、感情が高ぶると耳鳴り悪化
【病因】強いストレスから起こっています。
感情が高ぶり、口調もきつくなりがちです。
【対応薬】柴胡疏肝湯(散)漢方の抗ストレス薬です。
※柴胡疏肝湯には、「耳鳴り」の製品効能はありません。
販売の際には、十分ご説明ください。

※煎薬で治療する場合、上述3タイプの基本対応薬とともに、
サンシン(山梔子)・オウレン(黄連)などの清熱薬を本来は加味します。
しかし薬事法の規制もあり、エキス剤の2剤併用などが現在最も良い方法と思います。
清熱剤は黄連解毒湯・三黄瀉心湯(便秘時)などを適宜・適量、基本治療薬に添えて用いてください。

「貧血性の耳鳴り」の製品効能について
「貧血性の耳鳴り」と書かれていますが、貧血でないと使用できないわけではありません。
漢方的理解で、血虚が悪化し陰虚へと至った「セミの鳴声様の耳鳴によく効く」という意味です。
血虚を、貧血性と言い換えています。

「白湯(温湯)又は、食塩を入れた温湯で服用」の用法について
ジメイ丸には、処方の核として六味丸(六味地黄丸)が含まれています。
これはお子さんの発育不良や、成人(男性40歳以上、女性35歳以上)の機能低下に用いる、
生命力を支える腎に作用する薬です。
薬効を早く腎に届けるには、塩味(〇)を添えると良いとされます。
(白湯でもかまいませんが)ごく薄い塩水での服用が良いものです。

「1回服用量9丸・朝晩の1日2回服用」の用法・用量について
「一回服用量が多すぎて服用が難しい」とお叱りをいただくことがあります。
「1回6丸を、朝昼晩の1日3回服用」などの方法も考えられます。
より用いやすい方向性にて、患者様をご指導ください。


耳鳴り良薬・ジメイ丸
ジメイ丸は、生薬・地黄を主剤として六味丸(六味地黄丸)に、磁石と柴胡を加味した生薬製剤です。
「耳鳴り」の製品効能を持ち、「生実の鳴声様の耳鳴」を治療します。
中国製品では「耳鳴り丸」と漢字表記されるもの、
中国葯典収載の耳聾左滋丸です(配合量は異なります)。

希望小売価格 4,500円(税別) 



目薬?長寿の薬?利尿薬?
なんの薬?飲む目薬? 杞菊地黄丸
目に働く薬で一般的なのは、眼球に液剤滴下する点眼薬です。
スマートフォン使用で目の負担がより大きくなったためか、多種の目薬が販売されています。
しかし、服用(内服)して目の不調を治す漢方薬もあるのです。
杞菊地黄丸は、「飲む目薬」として知られます。

マツウラ杞菊地黄丸
腎を守る六味丸(六味地黄丸)に、肝を守る2つの生薬(枸杞子・菊花)を加えました。
肝は「視力を支える」大切な臓、杞菊地黄丸は視力を守る医薬品です。
年単位の長期服用も可能です。
〔効能・効果〕体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、
尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇があるものの次の諸症:
かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下
〔用法・用量〕大人1回8丸を1日3回、食前又は食間に水又はお湯で服用
〔希望小売価格〕
360丸(15日分)3,800円(税別)
720丸(30日分)7,000円(税別)

視力不調には
体調不良で困ったら、漢方知識の「どんな状態なのか、(機能低下の)どの段階にあるか」を考えます。
これが、漢方診断です。目の不調は「肝の機能低下」から起き、
「疲れ目・かすみ目・ドライアイ(かわき目)」の不快症状になります。
同時に「肌つやがない(かわき)」「筋けいれ(こむら返り)」「爪の不調」の幾つかを自覚し、
女性は「生理周期の延長(~無月経)を訴えます。
これは血虚と呼ばれる血流悪化の初期状況。
生薬・トウキ(当帰)を含む漢方薬、四物湯(乾燥傾向)や当帰芍薬散(浮腫警告)で治療します。
これが、目の不調への基本対応です。
 目の不調での基本対応薬は、杞菊地黄丸ではありません。
しかし目の不調は、年を経れば代多数の方が感じます。
(女性35歳から、男性40歳から)。「老化」と言っても良いものでしょう。
加齢による視力低下・老眼に気づけば、その事実に愕然とします。
これは前述の「血虚(肝血虚)」を起点に、次段階の「陰虚(腎生殖器系などの衰え」
「熱感症状(夕刻熱感・口渇)」の幾つかを自覚します。
生薬・ジオウ(地黄)を含む漢方薬、六味丸で治療します。
 陰虚の本質は、腎だけでなく肝機能の低下を含めたものです(肝腎陰虚)。
目の不調回復のためには、肝腎陰虚の対応薬・杞菊地黄丸は、
『年配者の、目の不調(疲れ・かすみ・かわき)に用いる基本薬』と言う事が出来ます。
 ※視力を弱める生活習慣(肝腎を弱らせる)は、夜更かし・歩行不足です。
毎日の飲酒もお控えください。
 ※六味丸は、お子様の成長促進にも働きます。
15~20歳頃の目の不調にも、杞菊地黄丸を用いることがあります。

腎の不調で起こる事(中高年、お子さん)
 腎は、ひとが人間らしく生きる事を支えます。水分代謝に限らず、
健やかな成長、生殖関連にも関与します。
杞菊地黄丸など六味丸系の処方は、腎を守るための基本薬です。

脳の機能低下、物忘れ、認知症《大人》
脳発育の遅れ《子供》
(腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通じる。)

髪が細い、少髪、白髪が多い
(腎の華は髪にある。)

聴力低下(難聴)、耳鳴り(セミ鳴声様)
(腎は、上は耳に開竅する。)

ぜん息・小児ぜん息(呼気の異常)

骨粗しょう症、骨や髄の病、歯の不調
(腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通じる。歯は骨の余。)

インポテンツ、性欲の過亢進や減退
小便・大便の不調(漏れ)、不妊
(腎は、下は二陰に開竅する。腎は精を蔵す。腎は水を主る。)

足腰の衰え・足腰に力が入らない
段差などで転びやすい

目の不調が、始まる場所
 血虚(肝血虚)が、目の不調の起点になります。
病態悪化で、陰虚(腎陰虚)に移行します。

血虚(血流悪化の初期)
主症状
・目の不調(疲れ、かすみ、ドライアイス)
・肌のつやがない
・爪の不調
・生理周期遅延(経血の過小)

対応薬
・四物湯(乾燥傾向)
・当期芍薬散(浮腫傾向)

悪化↓

陰虚(バランスの悪い老化・子供時代)
主症状
《中高年の目の不調、未成年を含む》
・膝腰がだるく力がない
・知能や記憶の減退
・発育の遅れ、幽門閉鎖遅延
・熱感(口渇、五心煩熱、日晡潮熱)

対応薬
・六味丸
・杞菊地黄丸(肝腎陰虚に対応)


めまい・腹部膨満感に用いる漢方処方(化痰利水薬)
 痰飲・水湿・水腫は、水分の呼吸排出の障害から生じた水液停滞で、
湿・痰湿よりも停滞度が強いもの。
化痰利水薬は、痰飲を改善し、消化管での振水音(溜飲)・多量の喀痰や
湿性ラ音・浮腫などの水分代謝異常に用います。
利水薬に、化痰薬と理気薬を配し構成されます。
【利水薬】白朮、茯苓、薏苡仁、蒼朮、沢瀉
【化痰薬】半夏、陳皮、紫蘇葉、竹筎、生姜
【理気薬】枳実、枳殻、厚朴、縮砂


和胃降逆・化痰利水
小半夏加茯苓湯(金匱要略)
痰飲による胃気上逆の基本処方です。
痰飲による胃気上逆:悪心・嘔吐・吃逆・口渇がないか、あるいはやや口渇するも、
飲むとすぐ吐くなどの症候で、上腹部の痞え・目まい・動悸を伴う。舌苔は白滑、脈は滑。
※悪阻(つわり)に用いる事も知られますが、燥性が強いため、
頓服使用に留め、その後は根本原因に対処する他処方を用いてください。

理気降逆・化痰散結
半夏厚朴湯(金匱要略)
小半夏加茯苓湯(半夏・生姜・茯苓)
+厚朴 辛、温(活血通経、