特集:かゆみ、発赤、アトピー性皮膚炎への漢方対応 お肌のトラブルの解決法、漢方薬



皮膚病に効果的な漢方薬

急増する皮膚トラブル、これら疾病は血虚を基本とした「虚血血熱」が原因とも考えられる。
漢方治療によりかゆみは治まるが、定期的なかゆみ再発が普通で、
施薬側・患者側ともに不安を払い、腰を据えて長期治療に取り組むことが大切。
服薬と同時に、生活習慣の改善(早寝早起き、目の酷使をしない、散歩などで身体を動かす)にも取り組む。
皮膚病漢方薬の幾つかに、「防風、荊芥」の配合があるが、この生薬ペアは「かゆみ止め薬」として働く。

①補血活血・調経=四物湯=血虚の基本対応薬
血虚:血の持つ濡養(栄養・滋潤)作用が低下した状態で、循環血液量の不足が起こす不快感。
肌につやがない、目の疲れ・かすみ・乾き、爪がもろい、筋の引きつり(こむら返り)・四肢のしびれ感、
月経周期遅延(甚だしければ無月経)・経血の過少。

②清熱瀉火・解毒・清熱化湿・止血=黄連解毒湯=三焦の実火(実熱)の代表処方。
実熱:高熱・顔面紅潮・目の充血・熱感・口渇、口苦・イライラ・不眠など、
甚だしければ意識障害・狂躁状態を呈する。舌質は紅、舌苔は黄~黄膩
※その他熱証、血熱妄行・肝胆湿熱・脾胃湿熱・膀胱湿熱・心火旺・肝胆火旺・胃熱などに用いる。
※燥性を持つため、皮膚病治療に単独では用いない。

③清熱瀉火・解毒・補血活血・止血=温清飲=四物湯+黄連解毒湯
血虚血熱に対する代表処方=痒み治療に、基本対応薬として用いる。)
血虚血熱:皮膚につやがない、目の疲れ・かすみ・乾き、爪がもろい、筋の引きつり(こむら返り)
・四肢のしびれ感、月経周期遅延(甚だしければ無月経)・経血の過少などの血虚の証候に、
のぼせ・火照り・口渇・イライラ・不眠などの熱証や、鮮紅色の出血(鼻血・不正性器出血・下血)、
灼熱感のある暗紅色の発疹(乾燥性)・皮膚炎・口内炎などを生じます。舌質は紅、舌苔は黄
注)温清飲のエキス製剤は、四物湯と黄連解毒湯の等量配合。
「かゆみ」を訴えるのは血熱が高まったとき、温清飲に清熱剤(黄連解毒湯・三黄瀉心湯)を追加
かゆみ治療後も温清飲を継続服用すれば(1~2包/日)、再発防止の手当てになる。

④清熱解毒・活血=五物解毒湯=化膿性や掻痒性の皮膚疾患で、小発疹を繰り返すもの。

⑤補血潤燥・止痒=当帰飲子=四物湯(当帰・川弓・芍薬・地黄)
血虚が原因で起こるかゆみで、皮膚が著しく乾燥し、爪で肌を核と白い筋が残るような場合。
老人性掻痒症と理解されるが、若者にも急増中の病態。夜間かゆみが悪化。

⑥疎風・清熱化湿・養血潤燥=消風散=炎症性でかゆみを伴う皮膚に対する代表処方。
風湿熱の皮疹:強いかゆみ(夜間増悪)、局所の発赤と熱感、滲湿液が多い
または水泡形成、身体の火照・熱感、口渇などが見られる。
舌質は紅、舌苔は微黄

考察)2製剤併用での治療の場合(消風散+)
皮膚の乾燥感が強い場合…+温清飲
かゆみ・熱感が強い場合…+黄連解毒湯
患部がじくじくする場合…+越婢加朮湯

⑦去風化湿・清熱解毒=十味敗毒湯=炎症や可能傾向のある皮膚の初期に用いる。
皮膚化膿症・湿疹・蕁麻疹などで、風湿熱を呈するもの。
(華岡青州の創作した処方)

注意:
上記、漢方薬を、2週間~1か月服用しても効果に満足できない方は、
大山漢方堂薬局、調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。

お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

特集:かゆみ、発赤、アトピー性皮膚炎への漢方対応 お肌のトラブルの解決法、漢方薬



特集:かゆみ、皮膚病の漢方薬

「とかしたい、してあげたい」 かゆみ・皮膚病の漢方薬
アドピー性皮膚炎など、肌のかゆみに悩む方は多いもの。
患者数は年々増え続けています。
困った皮膚病、かゆみ、発赤などへの、漢方の対応を考えます。

①かゆみ、発赤、発疹=「血虚血熱」
血熱:皮膚炎・かゆみ・灼熱感のある暗紅色の発疹・口内炎・のぼせ
血虚:皮膚につやがない・頭がふらつく・目がかすむ・手足のしびれやひきつり

②かゆみ、肌をかくと白い筋=「血虚生風」
皮膚は乾燥しつやがない・かゆみ(遊走性)・肌をかいた跡に白筋
(少量出血、かさぶた)・発赤や滲出物はない・粃糖疹
※老人性掻痒症と表されますが、若年層にも多いもの。

「痒みを防ぐ生活習慣」
肌トラブルは、血虚から起こります。血虚にならない生活習慣「夜更かしをしない」「目を酷使しない」「散歩をする」を守りながら、
皮膚病薬を服用してください。上述の皮膚病薬(温清飲・消風散・当帰飲子)には、血虚治療のための補血生薬が配合されています。
かゆみを抑えるため、「黄連解毒湯を単独で用いる」の話を耳にしますが、黄連解毒湯の薬効は清熱乾湿です。
清熱の働きでかゆみ、発赤に効きますが、乾湿の働きで血虚を悪化させ、かゆみに長期苦しむ状況を作ってしまいます。


特集:かゆみ、発赤、アトピー性皮膚炎への漢方対応 お肌のトラブルの解決法、漢方薬

生薬配合の考え方 皮膚病治療の漢方薬



特集:かゆみ、発赤、アトピー性皮膚炎への漢方対応 お肌のトラブルの解決法、漢方薬

生薬配合の考え方 皮膚病治療の漢方薬



特集:かゆみ、発赤、アトピー性皮膚炎への漢方対応 お肌のトラブルの解決法、漢方薬

生薬配合の考え方 皮膚病治療の漢方薬



まとめ=かゆみ、皮膚病の漢方薬

かゆみ、皮膚発赤の基本薬、再発防止、根治
①温清飲=かゆみ治療の基本薬。
かゆみ・発赤を抑えるための清熱剤(黄連解毒湯や消風散、便秘時は五物解毒湯)を併用すると効果大
かゆみ・皮膚発赤の治療薬
②消風散=肌トラブルの原因は「血虚」、温清飲(上述薬)には4種の血虚対応薬(当帰・川弓・芍薬・地黄)が含まれる。
血虚対応薬を半分残し、(当帰・地黄)、かゆみ抑えの生薬(清熱剤)を加えたのが、消風散。
かゆみ・発赤が強い場合、清熱剤(黄連解毒湯・便秘時は五物解毒湯)を併用すると効果大。
皮膚に潤いが戻る、痒みを防ぐ
③当帰飲子=皮膚の乾燥度が強く、皮膚をかけば白い筋が残る。
補血剤・四物湯(当帰・川弓・芍薬・地黄)に、かゆみ止め生薬(去風薬)を配合。
④十味敗毒湯:炎症や化膿傾向を持つ皮疹の初期に用います。
⑤五物解毒湯:可能性の皮膚浮疾患や掻痒性皮膚疾患の、小発疹を繰り返すときに用います。(十薬・大黄を配合)。
⑥清上防風湯:身体上部の炎症、特に化膿性炎症に用います。(ニキビにも)

注意:上記、漢方薬を、16日~32日間、ご服用しても、効果に満足できない場合は、
さらに効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。
どうぞ、お気軽に、ご相談ください! TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)




大山漢方堂薬局附属大山宗伯東洋医学記念館鍼灸治療室(完全予約制)
岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行 鍼灸治療室
(東洋医学、伝統医学、漢方薬、鍼灸、経絡ツボ療法)


漢方健康相談
お申し込み用紙
(問診表)

漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432 TEL: 0283-22-1574
E-mail to ohyama@poem.ocn.ne.jp










荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)=にきび、ふきでものによい漢方薬!

桂枝茯苓丸加意苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)=しみ、そばかす、肌荒れによい漢方薬!


注)上記漢方薬を2週間服用しても効果に満足できない場合は、大山漢方の調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!
大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)

keywords:漢方薬 漢方薬局 漢方専門 漢方専門薬局 漢方薬専門 漢方薬専門薬局 漢方薬 大山漢方堂薬局

  

お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!




佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。

(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。


「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介

" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine


<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00~19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp